Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界エイズデー

12月1日は“世界エイズデー”でした。
この日は、ガボンでも保健省が主催する無料HIV抗体検査が各地で実施されました。
ランバレネでは、私の職場(CTA)とシュバイツアー病院が実施担当だったのですが、必要な荷物が届いたのは、前日の11月30日。
そして、私たちCTA組は、CTAに加えてランバレネの町から車で1時間ほどのビフンという町と車で2時間ほどのンジョレという町でも無料HIV抗体検査を実施することが決められ(決めたのは、保健省の州担当のトップ)、その準備を始めたのも前日の11月30日。
いつものことながら、バタバタの準備でした。

そして、当日。
私は、CTAのスタッフの一部とビフンという町に行き、そこに新たに建設された診療所(まだ機能し始めてなく、医者がいない状態)を借りて無料検査を実施しました。

PC020175_300.jpg
↑できたばかりの診療所

PC010169_300.jpg
↑検査前のカウンセリング(HIVの説明など)の様子。顔が見えているのは、説明を行う臨床心理士。通常は1対1で行いますが、人数が多い時は、写真のように複数で行うこともあります。

ここに割り当てられた検査人数は、50人。
出だしは、人の集まりがあまり良くなく、50人も実施できるのかな・・と心配になった程でしたが、しばらくするとどんどんと人が押し寄せ、最終的には、CTAから検査薬を追加で持ってきてもらい、58名に対して検査を実施するに至りました。
集まって来た人々の中には、特に高齢者に、「足が痛いんだ。」とか「腰が痛いんだ。」などと訴え、「今日は、エイズの検査のみです。医者はいないので、その他の病気の検査や診察はできません。」と言うと、残念そうに帰っていく人々もいて、町から離れた医者がいない村の現状を目の当たりにした感じでした。


なお、ここでまたしても虫にやられました・・。
今回の敵は「フールー」。
目に見えない程の小さな蚊のような虫で、群れで一気に何か所も刺します。
1日、半袖で過ごしたためか、両腕を合計で30~40ヵ所刺され、次の日から3日間程痒さに苦しみました・・。

PC030178_300.jpg
↑フールーに刺された腕

このところ、虫についてます・・。
スポンサーサイト

タバスキ

11月27日(金)は、イスラム教徒のお祭り、【タバスキ(犠牲祭)】で、仕事がお休みでした。
このお祭りでは、イスラム教徒は奥さんの数だけ(イスラム教は一夫多妻が認められているため、複数の奥さんを持つ男性が多い)、羊を殺して食べます。
私の家の両隣は、マリ人一家でいずれもイスラム教徒。
数日前から裏庭(私の家は、両隣と裏庭でつながってる)で、「メ~ッ」と羊の声が聞こえていたので、この日に絶対庭で羊を処理するだろうと思い、朝から裏庭の様子をうかがっていました。
すると、10時前ころからざわざわと・・。
裏庭に出て様子を見てみると、それぞれの家の裏で一匹ずつ、合計2匹の羊が縄に繋がれ、数人の男たちが準備を始めています。
いよいよ始まる、と思い、カメラを持ってその様子を見学させてもらうことにしました。

PB270168_300.jpg
↑処理直前の羊

まず、地面に小さな穴を掘り、その近くに羊を連れて行ったあと、体を抑えて、首にナイフを入れます。
首から溢れる血は、その穴に入るように抑えつけるのがコツのようです。
さすがに、以前見た鶏の処理以上の迫力&生々しさがあり、ナイフを入れる瞬間は、凝視できませんでした。
そして、その後、平坦な場所に移し、革を剥ぎ、内臓を取り出し、肉を切り分けていきます。

PB270174_300.jpg
↑作業の様子

片方の家ではお父さんが中心となり、息子たち2人に指示を出しながら、もう一方の家では、大人の男性3名がかりで、いずれも見事な手さばきです。
内臓は、取り出した後きれいに洗い、レバーについては、すぐに焼いてその場で食べていました。
見ていた私にも勧めてくれ、レバーがあまり得意でない私は、迷いましたが、縁起ものだと思い、有り難くそれぞれの家(羊)から一口ずついただきました。思ったほど臭みがなく、おいしかったです。
そして、約2時間弱できれいな切り身となっていました。
切り分ける時、片方の家のお父さんが私に、
「この羊はみんなで分けて、食べるんだ。あんたはどこの部位がいい?」
と聞いてくれ、その心遣いは嬉しいものの、さすがに肉の塊をもらっても困る、と思って
「いや、私は、料理の仕方も分からないし、いいです。」と言うと、
「じゃぁ後から妻が料理したやつを持っていくようにするよ。」と言ってくれ、その気持ちがとっても嬉しかったです。
また、最後に両家は、お互いの羊の足を1本ずつ交換していて、このお祭りをみんなで祝っている気持ちを感じました。
伝統的なイスラム文化の行事を見学させてもらうことで、イスラム圏の人々の思いやりに触れられたような気がし、何だかとってもあったかい気持ちになれた1日でした。

ちなみに、羊は、シチューとしていただきました☆
これまたおいしかったです!!

PB270181_300.jpg
↑調理中のシチュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。