Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C207] 郷にいれば郷に従え!?

そこは、現地民にしたがって正解だと思いますが、虫さされで点滴は聞いたこと無いなあ。虫の威力が違うんだろうねえ。
デカドロンは、局注じゃなくて点滴静注なんだよね?
点滴して、テンション上がらなかった?
  • 2009-11-30
  • 投稿者 : hiromi
  • URL
  • 編集

[C208]

なんか、ステロイドと聞くと、素人の私でも恐いと思います・・・
何の虫か知りたいよね。
でも、あんなポスターが貼ってあるくらいだから、虫には気をつけないといけないのね・・・
まさか、蚊みたいな虫でここまで腫れあがるなんてね・・・
痒みを我慢してたのも不安だったでしょう・・・
でも、治って良かった!
  • 2009-12-01
  • 投稿者 : KOUMEI
  • URL
  • 編集

[C209]

ひやひやしながら、読んだよ・・・。
無事、腫れもひいてよかった。
ステロイド。ホント、ある意味、万能薬やなぁ。。。
それは、いったい何が注入されたのか、気になります。
こちらでは、大きな炎症が生じ、病院に行ってデブリすると、
中から虫が生まれたという人が、後をたちません。
日本は、本当、きれいなところやなぁっと、日々感じるわぁ。
  • 2009-12-03
  • 投稿者 : まみ du BENIN
  • URL
  • 編集

[C210]

>hiromi
いや、点滴じゃなくて、5mlのアンプルからシリンジでとってそのまま静注だったよ。最初、よく分かってない私は、「筋注かなぁ」なんて思ってたんだけど、看護師が血管探してて、「えっ?!静注!!全身投与じゃんっ」ってビビったけど、仕方無いよね・・。私の副腎皮質は収縮してるかも・・。特に副作用らしきものは現れなかったけどね。

>KOMEI
そう、痒いのは、ついつい掻いちゃうし、辛かったよ~
以来、ハエのような虫にはかなり警戒してます。

>まみ
そうそう、あまりにもパンパンに腫れるから、腕の中に虫の卵でも入ってるんじゃないかと思って心配したよ・・。ステロイドはすごいね。
お互いアフリカの虫には気をつけよう!
  • 2009-12-06
  • 投稿者 : トモ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://tomon4024.blog37.fc2.com/tb.php/102-47abaac3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

謎の虫さされ

11月21日土曜日。
この日は、濱川隊員親子が舟で川を下り、川沿いの湖を訪れるというので、私も一緒に参加させてもらいました。
川を下ること約1時間。
濱川隊員が時折仕事で訪れるというガボン最大の湖、「オナンゲ湖」に到着。
まるで海のような湖にガボンの自然の雄大さを改めて感じました。

PB210170_300.jpg
↑オナンゲ湖

続いて、「エバロ湖」。
ここに浮かぶ島には、大量のマンゴーの木が、大量に実をつけてあり、しばしマンゴー狩りを楽しみました☆

PB210196_300.jpg
↑たわわに実をつけるマンゴーの木

そして、その島を離れる直前・・。
ハエが大きくなったようなアブのようなブユのような虫が1匹私の左手首に。
「え?!」と思った瞬間には、刺された後で、痒みを覚えました。
蚊にさされたようなものだろう、としばらくは気にしていなかったのですが、街に戻る舟の中で左腕にピリッピリッと変な感じが・・。見ると、刺されたであろう手首の箇所から肘にかけて赤くなっています。
「あの虫が持つ何かが体の中に入っちゃったのかな・・」
と若干心配しながらも、家に帰って【ムヒ】を塗ってみたのですが、痒みが止まらない。
しかもだんだんと手首を中心に腫れてきています。
濱川隊員のお母様が日本から持ってこられたステロイド含有の痒み止めの塗り薬を借り、その日は、夜中も目を覚ましてはそれを塗り、痒みを抑えていました。

そして翌朝。
状況は悪化し、左腕の肘から下すべてがパンパンに腫れ、肌が引っ張られて痛いくらいに。
痒みも、もう一般の塗り薬ではおさまりません。
とりあえず、家に余っていた抗ヒスタミン薬(痒み止め)の飲み薬を飲み、我慢することにしましたが、パンパンに腫れ、熱を持ってピリピリする左腕を見ていると
「どうしちゃったんだろう・・」と不安が大きくなります。
よっぽど職場のDr.に電話して相談しようかと思ったのですが、彼はこの週末首都に行くと言っていたので、ランバレネにいないのであれば意味がないや、と思い、諦め、この日が日曜であることを恨みながら耐えることにしました。
午後になっても、ますますひどくなる腫れに、一瞬
「シュパイツアー病院の救急に行ってみようか・・」との考えも浮かびましたが、虫さされで救急にかかるのも・・とさすがに躊躇われ、とりあえず街の薬局に行ってみることに。
薬局のお姉さん(きっと薬剤師ではない・・)に、腕を見せると、「これを塗りなさい」とステロイドの塗り薬を出してくれたので、一瞬迷ったものの、素直に従って購入。
腫れはひかないものの、その夜は、その塗り薬で痒みに耐えることができました。

PB230209_300.jpg
↑腫れた左手。私の普段の手(骨と血管が浮かんでゴツゴツした手)をご存じの方はパンパンに腫れていることが分かると思いますが・・


そして月曜日。
出勤して一人の看護師に腕を見せると、
「わあぉ・・」と一瞬言葉を失い、その後すぐに
「すぐにデキサメタゾン(※ステロイド)注しよう。」と。
「え?!注射?!しかもステロイド?!まじ?!」と【ステロイド注射】になんちゃって薬剤師の私は若干ひるんだのですが、
「最近街中にポスター貼ってあるだろ。あんな風にならないためにこういう時はデキサメタゾンを3日連続注射するんだ。ちょっと前俺もハエのような虫に刺されて3日間注射したよ。」
と言うので、そのポスターの様には絶対なりたくない気持ちと、彼の経験に基づく対応だということが分かった気持ちから素直に従いました。

PB280196_300.jpg
↑問題のポスター。詳細は不明ですが、傷痕、虫さされなど、ひどくなる前に病院に行こう、と訴えているものらしいです。

すると・・注射後数時間で腫れはかなり引き、痒みもほぼなくなりました。
結局3日ではなく、2日間だけ注射してもらったのですが、ステロイドという薬のもつ威力に改めて感心し、地元の人のやり方に敬意を払わないといけないな、と思った事件でした。

ちなみに・・
私のこの虫さされの原因について、周りのガボン人は色んな推測を(勝手に)してくれます。
「蜂だ!」(→あり得るかも・・)
「いやいや、スズメバチだ!」(→いや、それは死ぬでしょ・・)
「ハエみたいだったというんだったら、ツェツェバエ(眠り病を起こすハエ)だ!」(→え?!ツェツェバエってガボンに存在してるの?!)
という次第で、虫に対する不安は、さらに助長されるのでした・・。
スポンサーサイト

4件のコメント

[C207] 郷にいれば郷に従え!?

そこは、現地民にしたがって正解だと思いますが、虫さされで点滴は聞いたこと無いなあ。虫の威力が違うんだろうねえ。
デカドロンは、局注じゃなくて点滴静注なんだよね?
点滴して、テンション上がらなかった?
  • 2009-11-30
  • 投稿者 : hiromi
  • URL
  • 編集

[C208]

なんか、ステロイドと聞くと、素人の私でも恐いと思います・・・
何の虫か知りたいよね。
でも、あんなポスターが貼ってあるくらいだから、虫には気をつけないといけないのね・・・
まさか、蚊みたいな虫でここまで腫れあがるなんてね・・・
痒みを我慢してたのも不安だったでしょう・・・
でも、治って良かった!
  • 2009-12-01
  • 投稿者 : KOUMEI
  • URL
  • 編集

[C209]

ひやひやしながら、読んだよ・・・。
無事、腫れもひいてよかった。
ステロイド。ホント、ある意味、万能薬やなぁ。。。
それは、いったい何が注入されたのか、気になります。
こちらでは、大きな炎症が生じ、病院に行ってデブリすると、
中から虫が生まれたという人が、後をたちません。
日本は、本当、きれいなところやなぁっと、日々感じるわぁ。
  • 2009-12-03
  • 投稿者 : まみ du BENIN
  • URL
  • 編集

[C210]

>hiromi
いや、点滴じゃなくて、5mlのアンプルからシリンジでとってそのまま静注だったよ。最初、よく分かってない私は、「筋注かなぁ」なんて思ってたんだけど、看護師が血管探してて、「えっ?!静注!!全身投与じゃんっ」ってビビったけど、仕方無いよね・・。私の副腎皮質は収縮してるかも・・。特に副作用らしきものは現れなかったけどね。

>KOMEI
そう、痒いのは、ついつい掻いちゃうし、辛かったよ~
以来、ハエのような虫にはかなり警戒してます。

>まみ
そうそう、あまりにもパンパンに腫れるから、腕の中に虫の卵でも入ってるんじゃないかと思って心配したよ・・。ステロイドはすごいね。
お互いアフリカの虫には気をつけよう!
  • 2009-12-06
  • 投稿者 : トモ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://tomon4024.blog37.fc2.com/tb.php/102-47abaac3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。