Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C93]

野宿がワイルド過ぎる!
日本では、決してありえない!!!

あの暖かい国(沖縄くらい)、台湾の年末年始は寒くて、
(10℃以下、台湾ではニュースになるくらいの寒さ)、
あまり、寒さ対策をしていなかったので、
凍えそうになりましたが、それでも、野宿はない!

日本では、風邪引かなかったのに、
台湾で風邪引いてしばらく苦しんでました。
でも、まさか、トモがガボンで風邪ひくとはね!
  • 2009-01-15
  • 投稿者 : ひろみ
  • URL
  • 編集

[C94]

地元の人が、マラリアに罹るのに、よくも外国人の知ちゃんが罹らずに済んだわね~!
風邪で済んだ、って言うもののよ~く気をつけてね。
今回みたいに突発的な事に遭遇しては、気をつけようもないけどね~?!
お母さんも、暮れから咳喘息と診断され、一向によくなりません。咳込むと、後がしんどくて病院の行く回数が増えるばかりです。(-_-;)
パソコンを開く度に新しいブログがあると楽しいです。
木庭先生も、長い事、更新がないけれど・・と、年賀状で心配していました。楽しみに読んでくれてる人がたくさんいてくれて、励みになりますね!
健作さんも、拍手はいつも送るのだけど、コメントの仕方が
分からない、って健作さんらしく無い事を言ってました。
  • 2009-01-15
  • 投稿者 : m,n
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://tomon4024.blog37.fc2.com/tb.php/52-39a13b4e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

悲しい貴重な経験

昨年の12月10日、職場のトップであるDr.のお父さんが亡くなりました。
実家は、ランバレネから河沿いに1時間程船で下ったところにある村。
12月19日に日本でいうお通夜、20日にお葬式があるとのことで、職場の人たち何人かと一緒に泊まりがけでその村まで行ってきました。

19日の午前中に村に到着。
30戸程の小さなきれいな村で、電気はあり、一部の(裕福な)家には水道も引かれています。
村の人々総出でお通夜とお葬式の準備に取り掛かっていました。
私たちのように他の場所から集まってきた人々は100名近くいたと思います。
お父さんは、この地域の名士だったようです。

↓村の高台から見たお父さんのお家
PC200059_300.jpg

そして昼頃、首都の病院で亡くなったため、遺体が村の家に運び込まれました。
その際、集まった人々が歌を歌い、また人によっては声を上げて泣きながら悲しみを表現していました。
その後、家で安置された遺体の周りを人々が一回りしてひとつの儀式が終わり。
私も、職場の人々と一緒に遺体の周りを一回りしてお祈り。
私は、生前に一度だけ職場で挨拶を交わしたことがあるだけでしたが、やはり遺体を目前にすると涙がでてきました。

村の人々が用意してくれた昼食を食べた後は、私たちも村の人々に混ざって食事(夕食と翌日の昼食)の準備のお手伝い。
食事用バナナの皮をむいたり、野菜を切ったり・・。自分では普通にやっているつもりでしたが、こちらのナイフは日本のものと刃の向きが違うのか、私のやり方では、どうもうまくいかない・・。
周りにいたおばちゃんたちがみんな、私のやり方をみて、「手を切りそうで、こわい、こわい」って言っていました。で、実際バナナの皮をむいている時(食事用バナナは、皮が厚く、ナイフを使わないとむけない)に指をちょっぴり切ってしまい、しばらくの間、知らない人にも「バナナの皮をむいてる時に指を切ったでしょ。」と言われるくらい一気に有名人になってしまいました・・。

↓食事の準備風景
PC190032_300.jpg

夜は、まさかの野宿!!
空いている部屋があるから、そこに入って寝たらいいよ、と言ってくれる村の人がいたのですが、一緒に行った職場のおばちゃんたちが暑いから外がいいと言い、一人だけ部屋に行く、とも言えず・・。
内心では、「えー!!こんな川べりで、蚊がいっぱいいるのに、マラリアになったらどうするの??それに、一晩中外にいたら絶対風邪引くって!!」とかなりビビっていたのですが、仕方ない・・。
周りには野宿している人もたくさんいるし・・。
持って行っていたフード付きジャケットをかぶり、顔にはハンカチを当て、できる限りの防御をして寝ました。

↓こんな風に芝生の上に布を引いて寝ました・・
PC200046_300.jpg
(結果は、私は、マラリアにはなりませんでしたが、完治に1週間程かかるひどい風邪をひきました。そして、隣に寝ていたおばちゃんは、マラリアにかかっていました・・。)

そして翌朝。
汗を流すよって言われて職場のおばちゃんに連れて行かれたある村の人の家。
バケツで川から水を汲んで、「ほら、これで汗流しなさい」と、木の囲いのある一角に入れられました。
茶色に濁った川の水・・。村の人々の多くは、この水で洗濯、皿洗い、体洗いをこなしてます。川は流れているというものの、この水に何が含まれているのか・・。
汗は流したいものの、さすがにこの水で体を流す勇気は湧かず、仕方ないので、タオルをこの水で濡らし、体を拭いて終えました。

↓洗い場とバケツ&川の水
PC200052_300.jpg


お葬式は、村にさらに人々が集まり、午前10時くらいから約2時間かけて歌、お祈り、埋葬が行われました。

↓埋葬されたお墓
PC200067_300.jpg

そして夕方の船で無事帰宅。

文化、風習の異なる地域で初めてのお通夜&お葬式。
日本と異なることばかりで、驚きが多かったです。(例えば、多くの人々が人目をはばからず声を上げて泣いていたこととか・・。)
でも、その中でも、親戚が集まり、また近所の人たちが協力して食事の準備などをする独特の雰囲気は、日本のお葬式の時と少し似た雰囲気を持っており、何だか懐かしく感じました。
きっと、家族や親しい人々との結びつきというのは、世界中どこにいっても変わらないんだと思います。
スポンサーサイト

2件のコメント

[C93]

野宿がワイルド過ぎる!
日本では、決してありえない!!!

あの暖かい国(沖縄くらい)、台湾の年末年始は寒くて、
(10℃以下、台湾ではニュースになるくらいの寒さ)、
あまり、寒さ対策をしていなかったので、
凍えそうになりましたが、それでも、野宿はない!

日本では、風邪引かなかったのに、
台湾で風邪引いてしばらく苦しんでました。
でも、まさか、トモがガボンで風邪ひくとはね!
  • 2009-01-15
  • 投稿者 : ひろみ
  • URL
  • 編集

[C94]

地元の人が、マラリアに罹るのに、よくも外国人の知ちゃんが罹らずに済んだわね~!
風邪で済んだ、って言うもののよ~く気をつけてね。
今回みたいに突発的な事に遭遇しては、気をつけようもないけどね~?!
お母さんも、暮れから咳喘息と診断され、一向によくなりません。咳込むと、後がしんどくて病院の行く回数が増えるばかりです。(-_-;)
パソコンを開く度に新しいブログがあると楽しいです。
木庭先生も、長い事、更新がないけれど・・と、年賀状で心配していました。楽しみに読んでくれてる人がたくさんいてくれて、励みになりますね!
健作さんも、拍手はいつも送るのだけど、コメントの仕方が
分からない、って健作さんらしく無い事を言ってました。
  • 2009-01-15
  • 投稿者 : m,n
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://tomon4024.blog37.fc2.com/tb.php/52-39a13b4e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。