Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://tomon4024.blog37.fc2.com/tb.php/62-9fbfbaa3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Carnaval

2月24日、職場のクリステルというピシコローグ(臨床心理士、31歳女性)の子ども(5歳くらいの男の子と7歳くらいの女の子)の学校でお祭りがあるから一緒に行こう、と誘われ、行ってきました。
仕事を抜け、午前中に2人でその子どもたちが通う小学校へ。

子どもたちがアフリカの伝統衣装を身に着け、歌ったり(アカペラ)、ダンスしたりしていました。
その姿が本当にかわいらしく、心から癒されました☆

↓前に立っている2人の内、右側がクリステルの息子
P2240007_300.jpg

↓右から2番目がクリステルの娘
P2240011_300.jpg

午前中、1時間ちょっとのもので、日本でいう参観日みたいなものでしたが、これは、カトリック教徒のお祭り「Carnaval(謝肉祭)」に合わせて行われた行事とのこと。
その学校自体が教会に隣接するカトリック教徒のための学校でした。

ガボンは、キリスト教徒が最も多く、教会がたくさんあります。
ただ、一口にキリスト教といっても、カトリックやプロテスタントといったくくりだけでなく、複数の派が存在し、それによって教会も違っているようです。
生活の中に取り入れられている宗教上の教えも様々で、時折、教会の教えに従い、数日間断食している人などもいます。
日本人(特に私のような宗教に関して無知な人間)には、ここガボンに存在する宗教は、複雑に思えたりもしますが、彼らたちは、特に他人の宗教を否定することなく、それぞれ自分の信じる神を心に持って生きています。


そういえば、先日、街のスーパーで「私、仏教徒です。」というガボン人に出会いました。
まさか・・と思い、半信半疑でしたが、やたらと「ニシレンショウニン」(日蓮上人?)と連呼しており、お経らしいものが書かれている本も持っていました。
「今度CTA(私の職場)に会いに行きます。」と言ってくれたので、またその人とゆっくり話ができたら報告します。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://tomon4024.blog37.fc2.com/tb.php/62-9fbfbaa3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。