Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://tomon4024.blog37.fc2.com/tb.php/89-a56809df
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

大統領選挙 8月30日(日)投票

8/30、ガボンでは大統領選挙の投票日でした。

この日を迎えるにあたり、職場のDr.は、私に
「何が起こるか分からないから、30日は外出するな!」とか、
近所のパン屋のおじちゃんは、
「日曜以降、街中のお店がしばらく閉まるかもしれないから、家に食糧を蓄えておけ!」とか、
色々アドバイスしてくれた人がいたのですが、結果的にランバレネでは、30日に暴動が起こることも、お店がしばらく閉まることもありませんでした。
(ただ、投票翌日の今日、月曜は閉まっているお店も多いですが・・)

投票日当日、どんな感じで投票が行われているのか、午前中に投票所の一つである家の裏の小学校に見学に行きました。
P8300052_300.jpg
↑投票所の小学校

ここでは、4つの地区の人々が投票を行っていて、その方法は以下の通りでした。
1.入口で選挙人リストと各自が持参した有権者カード及びIDカード(全国民が原則顔写真入りのIDカードを持っています)を照合する
2.各候補者ごとに用意されている名前と顔写真入りのカードをとる
 ※候補者数は、この日までに23人から18人に減少したため、カードは18枚
3.投票用の封筒(真ん中で仕切りされ、両端に口があるもの)をとる
4.仕切りされた一角で投票する人のカードを1枚選び、それを一方の口に、その他の17枚のカードを他方の口に入れ、ふた(糊付)をする
5.投票箱に入れる
6.有権者カードに投票済みの印をつける

P8270002_300.jpg
↑有権者カード。これは、事前に各地区の配布所に取りに行っておかないといけません。

名前と顔写真入りのカードで投票するというのは、日本にはない発想で、なるほどぉ~と感心しました。でも、有権者カードにしてもそうですが、一つ一つがかなり立派で、随分お金がかかってる感じだな・・と。
そして、投票が行われている教室内には、監視人らしき人もいて、一連の作業をずっと見守っていました。なので、これまでの選挙で多くの不正疑惑があったという割には結構ちゃんとしてるんだなぁ、というのが正直な感想でした。

そして、今度は19時頃、どんな感じで終わるのか再度見学にいくと、開票していました。
選挙人リストの数と封筒の数を数え、一致していることを確認してから一つ一つ開封。
一方の選ばれた人のカードが入っている口を開けた後、他方に17枚入っていることを確認し、17枚揃っていれば選ばれた人の名前を読み上げ、黒板に枡の字で数を記す。
もし、他方に17枚無い場合、それは無効投票になる、という仕組みです。
一連の作業がかなり丁寧に行われているなぁ、という感想を持って見ていたのですが、ただ、一つ気になった点が・・。
選ばれた人の名前を読み上げ、黒板に記すと、その封筒とカードはひとまとめにして捨てているのです。選ばれた人とそうでない人のカードを一緒にして・・。つまり、2度と誰が選ばれていたのか確認できない状態で破棄していたのです。
日本の選挙の開票作業を知りませんが、最終的に再度確認しないものなんですかね?!
私がやるのであれば、選ばれた人のカードは別に置いておき、最終的に黒板に記した数とカードの数が一致しているかどうか確認すると思うのですが・・。
何だか見ていてハラハラしました。誤りがないことを願うばかりです。

この開票作業は、私だけでなく、たくさんの人が教室の外から見ていました。そして、私が家に戻ってからしばらくして、結果がまとまったのか、学校から人々の歓声が聞こえてきました。
どんな結果だったのか・・・、気になるところです。

今日(8/31)、職場に行くと、この選挙結果についての話題で持ち切りでした。
「あそこの地区では、誰々が強い」とか「ここは、誰々が一番だった」とか・・。
そして、選挙運動中にある候補者応援団体からお金が住民に配られていた話なども・・。
また、18人いた候補者のうち、1人は昨日になって候補者から降りたことも・・。
びっくりする話もありましたが、それだけこの大統領選挙に対する国民の関心が高いということですね。
職場の人の意見では、18人(昨日1人減ったので実際は17人)の中でも本当の戦いは3人らしいです。
最終結果がでるのは、今週末と言われています。ガボンの未来が誰に託されるのか・・。
楽しみです。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://tomon4024.blog37.fc2.com/tb.php/89-a56809df
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。